• 検査について
     当院でいつでも胃カメラは出来ますが予約を承っております。
     また、患者様のご都合によっては午後からの検査も可能ですのでご相談下さい。
     大腸カメラは検査前日の処置などがありますので予約が必要となります。
  • 上部内視鏡検査
    (胃カメラ)

     口からレンズのついた管を入れて、食道、胃、十ニ指腸の粘膜を観察します。(異変がみられれば、その場で粘膜の組織を少し採取し、詳しく検査を行うこともできます)
    胃カメラでは、逆流性食道炎、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ポリープ、食道がん、胃がんなどが見つかる事があります。

     当医院では令和3年3月から、最新の細く高画質な胃カメラを導入しております

    検査前日~当日の朝の食事
    ・検査前日の食事は夜8時までに夕食を終えてください。
    ・検査前日は水分、薬を服用している人は、いつもどおり服用してください。
    ・検査当日の朝食はとらないでください。薬を服用している人は服用しないでください。

    次のような人は医師または看護師に必ずお伝えしましょう。
    ・体調に不安がある人
    ・現在、治療を受けている人
    ・現在、服用している薬がある人
    ・過去に内視鏡検査を受けて、苦痛を経験し具合が悪くなった人

    検査直前に、次の薬を使用します。
    ・胃内の粘膜を除去する薬(シロップ)を飲みます。

    ・胃の動きを抑える薬を注射することがあります。
      口に麻酔薬(ゼリー)を含み5分程度、のどで止めて吐き出すか、のみ込みます。

    検査時間はおおむね4分程度で終了
  • 苦痛のない胃カメラ
    検査の苦手な方、又は過去に苦痛の経験した方
    静脈麻酔薬を使用し即効性があり検査中のことを全く覚えていない、いわば熟睡した状態で受けられるということから苦痛がなく内視鏡検査に用いています。また検査終了後、催眠鎮静剤の作用を検査終了後も薬が残ることが予想される為、検査後も休憩室で休息し2時間程度の経過観察の後、帰宅していただくようにしております。
     

    【実際にうけられた患者様の声】


    ■2021年8月 30代 女性 (経鼻)

    人生で初めての胃カメラをしました。胃カメラをする前の麻酔や注射も初めてでしたが、丁寧に説明をして頂き安心して受けることができました。

    先生から指示があれば「イー」と声を出す等、指示された通りでき、痛みもなくお腹が空気で苦しいタイミングで先生は空気を抜いてくださり、しっかりと自分の胃の中の映像を見ることができました。ありがとうございました。

     

    ■2021年10月 40代 男性 (経鼻)

    インターネットのHPをみて胃カメラの検査をお願いしました。以前は別の所で検査を受けたことがありましたが、今回は、以前と比べてとても楽に感じました。(カメラが細く感じました)山本先生の声がとてもリラックスできて安心しました。すぐにモニターで結果を教えてくださり、良かったと思います。気を使って声をかけてもらえるのが好印象でした。

     

    ■2021年11月 50代 男性 (経鼻)

    初めての胃カメラ検査でとても不安でしたが、先生も丁寧に説明して下さいました。

    検査中も常に話しかけてくれて、リラックスして受けられました。思ったより楽にできました。特に異常はないようです。この次の機会も山本先生にお願いしたいです。

     

    ■2021年11月 30代 男性 (経鼻)

    初めての内視鏡検査を受け、知人からは「痛かった」「途中で吐き気が止まらなかった」と聞き、不安でいっぱいでしたが、実際に受けてみると先生や看護師さんからは丁寧な対応で痛みもなく心配することなく、無事に検査が終わりました。知人にも勧めたいと思います。

     

    ■2021年12月 40代 女性 (経鼻)

    以前と違い途中でむせる事がなくて良かったです。画像を見ながらできて良かったです。静脈麻酔なしだと検査後に運転出来るので良いです。こちらは超音波検査もしてくれるので良いです。ありがとうございました。

     

     

  • 下部内視鏡検査
    (大腸カメラ)

     肛門からレンズのついた管(スコープ)を入れて、大腸の中を観察します。(異変がみられれば、その場で粘膜の組織を少し採取し、詳しく検査を行うこともできます)
     大腸カメラでは、憩室大腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、ポリープ、大腸がん、直腸がんなどが見つかる事があります。
     近年、これらの病気が増加しつつあり、早めの発見が大切になっています。

     当医院では、平成22年9月から、最新の細く柔らかい大腸内視鏡を導入しております。

    検査前日~当日の朝
    ・検査前日の食事は夜8時までに夕食を終えて下さい。
    ・夜8時に大腸検査前処置用下剤1本をコップ1杯の水に混ぜて飲みます。(便通を促進する薬です) 
      (海藻類、きのこ類、種のある果物、繊維量の多い食材は検査3日前から避けて下さい)
    ・検査前日は水分・薬を服用している人は、いつもどおり服用して下さい。
    ・検査当日の朝食はとらないで下さい。薬を服用している人は服用しないでください。

    検査直前に、次の薬を使用します。
    ・腸の中をきれいにする洗腸剤をのみます。
      (1~2時間かけてゆっくりと飲んでいきます。
          ↓
    ・排便
      飲み始めて30分頃からおなかがはって、ゴロゴロしてきます。
    数回トイレに行くと、腸の中がきれいになります。
    便の状態が、茶色→黄色→水状態になったら完了。
    (洗腸剤をのんでも腸がきれいにならない場合は、腸の動きをよくする為に歩いてもらいます)
          ↓
    ・患者さんの緊張を取り除くために、安定剤を注射することもあります。
      大腸の中をきれいにする方法は、病院によってやり方が異なります。
    洗腸剤を服用する方法のほかに、検査前日より検査食にて前処置をしていただく方法もあります。
    この場合には、当日に高圧浣腸でも大腸の中をきれいにします。


     

     年間に胃カメラ500~600件、大腸カメラ300~400件を行っております。
     ベテラン看護師(看護師歴30年以上)もおりますので、安心して検査を受けられます。
  • 大腸カメラを受けた方の感想
    平成22年9月より新しい大腸カメラを導入いたしました。
    従来のカメラより細く、楽に受けることができると思います。

     

    【実際にうけられた患者様の声】

     

    ■2021年11月 60代 男性

    初めて検査をするので緊張しました。痛いのかと思いましたが、そんな事もなく、検査を終えました。ポリープを見つける事ができて良かったです。ありがとうございました。